【レビュー】BTイヤホン「Noble audio FALCON」初期レビュー

イヤホン嫌いな自分がイヤホンのレビュー書くことになるとは。マジで思ってなかったなぁ。

ってなわけでこんばんちわ。みさとんです。

今日は2日前に購入したトゥルーワイヤレスイヤホン

「Noble audio FALCON」

の初期レビューをザックリと書いておきます。ワイヤレスイヤホン購入を検討の方の一助となれば良いのです。画像はこんなかんじ

wizardのサイン!昂りますw
本体、付属品、ケース。
見ての通り結構耳の奥まで入れる感じです。
操作ボタンが光ります

@@レビュー条件@@

実は僕はもともとピュアオーディオをやっていまして。画像で見るとこんな感じ。

まあ今では中央の55インチのTVはなくなっています。

で、イヤホンというのは実はほとんど使ったことがないので、音質などの比較対象はこのオーディオの音と、最近母に頼まれて買った

「NUARL  / NT01AX」

というイヤホンになります。

NT01AXの画像はこれ

ピュアオデオセット / 100万くらい

Noble audio FALCON / 1万8千円くらい

Nuarl NT01AX / 1万円くらい

という値段差スゲーなレビューですがまあありのまま書きます。

@@エージング@@

大事なことなので書いておきます。

FALCON は最低10時間くらいはエージングしないとまともに音出せません。特に高音。

買ってワクワクして聞くとその音のクソさ加減から落胆がハンパないはずですが、それで正解です。

1時間くらいエージングするだけでだいぶかわります。最初はガマンして音だしてくださいw

@@ザックリ音質比較@@

ピュアオデオ、NUARL、FALCONの中で最もモニター色の強いのがFALCONになります。

NUARLは真逆のつやっつやの心地よい音。空間表現はNUARLに分があります。オーケストラなどはFALCONより音場を広く感じられます。

ピュアオデオの方はまあ金のかかり方も違うので比べても仕方がないんですがほぼすべてにおいてイヤホンよりは良いです。。ただしバンドとかで曲の細かい音を聞きたいときはFALCONのほうが向いてます。すごく細かい音までよく聞こえるのでコピバンで曲の音を耳コピしたいときとかに大活躍するはずです。

結構耳の奥まではいるイヤホンで、人によっては閉塞感を感じるかもしれません。僕は閉塞感を感じないように微調整して耳に差し込んでいるので気になりません。

耳に入れてしまえばちょっとやそっと首を振ったくらいでは落ちないのでバイクなどのりながら聴くのも問題ないはずです(法的に問題あるかもなので自己責任でw)

@@ザックリ音域レビュー@@

FALCONのweb上のレビューを漁っているとよく目にするのが

「低音がイマイチ、、もう少しほしい」

というものなんですが、それは間違いなくイヤホンを耳に装着する角度やらなんやらで解決します。

音を聞きつつイヤホンをうごかしつつ音がよく聞こえる位置を探せばタップリ低音聞こえます。これ以上いらないくらいにはでてます。

逆にNUARLのほうは低音は控えめです。が、良い意味で控えめです。オーケストラをホールの中央より少し後ろの席で聞く感じ・・・といえばいいのか・・・まあそんな感じです()

最初は楽器もボーカルも「サ」行の音が団子になって耳に刺さるように聞こえてきますが、上にも書いた通りエージングでだいぶ・・・というかほぼベツモノくらいまでよくなります。が、エージング後は丸くなるのではなく、「サ」行が耳につく一歩手前でうまくまとまってる感じになります。

軽いドンシャリなチューニングで、不得意な曲のジャンルはないように感じます。

NUARLはFALCONよりももう少しフラットなチューニングです。

@@ワイヤレス接続の安定性@@

スマホ(XPERIA XZ2 PUREMIUM)に接続し、スマホを麻の鞄の奥にサイフや鍵と一緒にいれてバイクに乗って確認。一度も音切れは起こさなかったです。

通話の性能チェックでスマホから2つの部屋をまたいだ向こう側まで移動しましたが音は途切れませんでした。接続はだいぶしっかりしているようです。

NUARLのほうはそこまでの性能チェックはしていませんが、スマホを鞄にいれて音楽を聴くくらいなら音切れはありませんでした。

@@総評@@

ザックリ言ってしまうとFALCONは

「モニター色強めで聞いていて耳疲れせず解像度はズバ抜けて高くエネルギッシュな音」

といった感じです。NUARLもザックリ言うと

「FALCONより音場が広く感じられるが音の力強さは劣るも、解像度高くさわやかで聞き疲れしない気持ちの良い音」

といった感じです。

この2つは優劣をつけるというよりは好みの音を選ぶといった感じです。キャラクターが全然ちがうので。

ボーカルモノはどちらも綺麗に鳴らしてくれますが、ボーカルが近いのはFALCONの方で、NUARLは少し距離を置いて落ち着いて聞いてる感じの距離感で歌ってくれました。どちらが良い悪いというわけではないです。

実はイヤホンはあまり聞いたことがないと書きましたが、仕事の関係でソニーのお高いイヤホンを長時間つかっていました。web上でもすごく高評価なんですよね。このイヤホン。でもね、音はもうダメ。ドンシャリ強すぎるし高音は耳に痛いし「煩い」という印象しかない。なんで高評価なの?と首をかしげるばかり。

ワイヤレスイヤホンで検索するとすぐにでも

「ソニーのWF-1000ナントカは最高だ!!」

とでてきますが、、うーん。個人の好みだからしょーがない、とだけ言っておきましょう。

僕は音質重視でイヤホンを探すなら今回紹介したFALCONと比較対象のNUARLを推します。NUARLは後継機もでているのでもっとよくなってるかも。

@@なんでピュアオデオと比べたの?w@@

実は僕は自分の家に友人を招いたときに大体ピュアオーディオで音を聞かせて興味ある人にはなるべくお金がかからず良い音がだせそうなセットプランを提案したりしているのです。これでDALIのスピーカーを2セット売りました。DALIさんなんかください(ぁw

「良い音で音楽を聴く楽しみ」

を僕の家のオデオで感じてくれるなら、その入り口くらいまではサポートしようってかんじで約15万くらいのオデオセットプランを紹介したりしてたわけです。

ですが、今回FALCONの音を聞いて感じたのはそのコストパフォーマンスです。

音質だけで考えるなら、そりゃピュアオーディオに勝てるわけないです。揺らしてる空気の量からして段違いというかもう別の物なので・・・

ですが、イヤホンにはそれを覆すくらいの良い点も多々あります。例えば今回僕が購入したFALCONで考えるなら・・・

1、場所をとらない

2、場所をほぼえらばない

3、ピュアオーディオと比べ安価

4、安価な割に音質はすこぶる良い

5、再生機器は今時ほとんどの人が持っていそうなスマホで代用できる

ザッと考えただけで5つも利点があります。

今後オデオに興味をもった友人にはまずイヤホンも聞かせて薦めてみようと考えるようになりました。イヤホン嫌いな自分にここまで考えを改めさせるとは・・・WIZARD恐るべし。

通勤の間、通学の間、ちょっとおでかけする間に贅沢な音で好きな音楽をきけるガジェット、良いですね。イヤホン。

思いついたようなことを書きなぐるだけのレビューですがここまで読んでくれた方どうもありがとう@w@ノ

糸冬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。