【プチ改造】Hot Rod Deluxe III“ Bordeaux Blues”【ギターアンプ】

えーっと、まずはあれだよね。なんでプチ改造しようと考えたのか。

とりあえず、今の自分のシステムはこれ!

@@機材紹介@@

ギターはProvisionのレスポールで・・・

足元はHelix LT。ギターとHelixはBOSSの無線のやつでつないでて・・・

で、ギターアンプはHot Rod Deluxe III“ Bordeaux Blues”のパワーアンプインにさしてつかってます。パワーアンプインってのはまあリターン挿しのことね。

@@アンプ変更しようとした理由@@

このアンプを選んだ時の機材環境と今のそれとでは大きく違っているためにアンプの音がマッチしてない気がする・・・というもの。

そこまで悪い音ではないんだけど、要するに自分が納得できないというワガママw

具体的に言うと、このアンプでよくいわれてるんだけど

「低音ですぎ。ボワついてる」

ってやつです。

で、最近LINE6さんから発売しているパワーキャブ112を調べていたんだけど、よーくよく考えたら俺

今使ってるアンプになにも手を加えていない!

ということに気が付きまして。

まずは今のアンプにできるだけのことをやってからだな!というわけでまずはスピーカーケーブル交換。

@@プチ改造@@

えーっと、これを、こうして、こう!!

ってかんじで、スピーカーケーブルの先端処理してつけかえただけw

このケーブル、針金より針金(謎)で動かすところにはつかえないんだけど、物凄い良い音なんだよねー。オーディオ的に言うと低音強くなって引き締まる。低音引き締まると付随して他も良くなるのよね。邪魔しなくなるので。低音が。

ベルデン 5120FJ ってやつなんだけど、最近よさに気が付き始めてる方がおおくなったのか、なんと一般販売してる!数年前までは検索してもでてこなかったのに・・・。これまじでおすすめのケーブルです。取り回しは最悪ですが。

で、肝心の音は・・・

ボリュームそのままで以前のケーブルとは0時から2時くらいまで上げた感覚・・・いや、感覚っていうか上がってるw そんなばかなと嫁さんにもきいてもらったがやはりあがってるようだ。

で、肝心の低音はスゲー強くなるし引き締まるしでもうベツモノって感じ。

だいぶ良い方向にチューンされたようなので、そのまま電源ケーブルも変えていきたいと思います。が、今日はここまで。

電源はソケットつけるか直に取り付けるか迷い中。どのみちどっかに穴開けないといけなくなりそう。

ライブ1週間前に突貫工事とは俺もなかなかやりおる(謎)

糸冬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。